上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連記事:
「カードファイト!!ヴァンガード」トライアルデッキ改造論「黄金の機兵」編
「カードファイト!!ヴァンガード」トライアルデッキ改造論「冷酷の暴竜」編
「カードファイト!!ヴァンガード」トライアルデッキ改造論「聖域の光剣士」編

とりあえずトライアルデッキ4つ分は書いておこうということで、
「桜花の姫巫女」のトライアルデッキ改造論も公開します。

↓折り畳んでます↓

スポンサーサイト
今年の3月に「「カードファイト!!ヴァンガード」トライアルデッキ改造論」と称して、
聖域の光剣士」と「帝国の暴竜」の2つのトライアルデッキの改造論を掲載しました。

この記事に限った話ではないのですが、
半年前に書いた記事を目当てに当ブログにいらっしゃる方もいるようなので、
ヴァンガードの記事にもある程度の需要はあると考えています。

今回は、7月に発売されたトライアルデッキ「黄金の機兵」の改造論を掲載します。
↓折り畳んでます↓

どうせブログのネタがないなら、ヴァンガードネタでお茶を濁した方がマシです。

というわけで、前回に引き続きヴァンガードネタです。
前回はトライアルデッキ「聖域の光剣士(ブラスター・ブレード)」の改造論でしたが、
今回は対をなすトライアルデッキ「帝国の暴竜(ドラゴニック・オーバーロード)」の改造論です。
↓折り畳んでます↓


「カードファイト!!ヴァンガード」のトライアルデッキが発売されて3日が経ちました。

愛媛県松山市の状況は以前のブログで書いた通りですが、
一人で盛り上がってる俺は毎日ヴァンガードをやっているような状態なので、
大体の戦略も掴めてきました。

というわけで、唐突ですがヴァンガードトライアルデッキの改造論です。
↓折り畳んでます↓


resized-CIMG4721.jpg

2月26日の土曜日、「カードファイト!!ヴァンガード」のトライアルデッキが発売されました。
「カードファイト!!ヴァンガード」については説明済みの記事がありますので、コチラをご覧ください。

通販サイトで予約していた俺としても、愛媛県松山市内のヴァンガード事情は気になるところ。
ということで、主なショップを巡ってみました。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

壊滅状態でした。

愛媛県なんて元々辺境の地ですのでこうなることはある程度予想できていましたが、
県庁所在地だというのに主要なお店はどこもヴァンガードを取り扱っていません。


あまりにも気になったので、
松山市内で唯一ヴァンガードの大会が行われるお店に電話で問い合わせしてみました。

Q1.そちらのお店では「カードファイト!!ヴァンガード」を取り扱ってますか?
A1.ちょっとだけ取り扱ってます。

Q2.3月2日と3月5日にヴァンガードの大会が開催されるそうですが、エントリー状況はどうなってますか?
A2.募集を開始してから間もないので、現在エントリー数はゼロです。(2月26日正午時点)

という散々な結果でした。


ということで、愛媛県松山市でヴァンガードが爆死した理由を考えてみましょう。
↓折り畳んでます↓

1月から放送が開始したアニメに「カードファイト!!ヴァンガード」があります。
第1話から「イメージしろ」という謎の名言が誕生したアニメです。

「カードファイト!!ヴァンガード」とは、ブシロードが展開するトレーディングカードゲーム。
「ブシロード史上最大の作戦」と銘打たれ、積極的にメディア展開が行われています。


カードゲームのルールそのものの詳細は説明すると長くなるので割愛しますが、至って単純なもの。
プレイヤーは「ユニット」と呼ばれるカードで形成された50枚のデッキを使用。
自分の分身である「ヴァンガード」を自分以上のグレードのユニットに「ライド」し、
相手のヴァンガードへの攻撃を試みるというもの。
その他のユニットである「リアガード」の「コール」や、
シールドの能力を持つ「ガーディアン」の存在、
ヴァンガードが攻撃時に発動する「ドライブトリガー」の能力などを駆使し、
合計で相手に6ダメージを与えたプレイヤーの勝利となります。

まずこの専門用語がかっこいいです。

実際に何度か一人でこのカードゲームをプレイしてみましたが、
考える要素だけでなく運の要素も含まれるカードゲームのため、
一概に強者と弱者の判断はできそうにありません。
かく言う俺も、その日始めたばかりの初心者である友人に普通に負けました。

明確な「弱いカード」「強いカード」がないというのが利点でしょうか。
もっとも、どこぞのカードゲームのようにインフレーションが起きる可能性も無きにしも非ずですが。


このカードゲームを展開するブシロードは成長真っ盛りの会社。
最近では「探偵オペラ ミルキィホームズ」の積極的な展開が記憶に残っています。

ヴァンガードも例外ではなく、前述のアニメの開始に加え、月刊ケロケロエースにてコミックも連載中。
さらにロックバンド「BREAKERZ」ともタイアップを行っています。
サッカーの試合を見ていたらいきなりヴァンガードのCMが流れるのも仕様です。

1月26日に発売されたケロケロエース3月号には、
ヴァンガードのハーフデッキ(25枚)が2セット付属。

resized-CIMG4596.jpg
デッキだけでなく、プレイシートや簡単なルール説明も2枚ずつ付属。
「1冊買うだけでお友達とカードファイトができるよ!」という心優しい商品仕様です。
また、ハーフデッキ2つを組み合わせればスタンダードデッキとして使用することもできます。

これでお値段が580円ですから、ブシロードがどれだけ力を入れているのかわかります。

resized-CIMG4597.jpg
あ、もちろん2冊買ってます。


遊戯王、デュエルマスターズ、バトルスピリッツと、
年齢層別で見ればこのカードゲーム界は既に混戦状態。
ヴァンガードがどれだけの旋風を巻き起こしてくれるのかに期待しています。

「カードファイト!!ヴァンガード」 公式ポータルサイト

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。