上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買ってきました。

resized-CIMG5923.jpg
剣と魔法と学園モノ。 設定画集

ゲーム「ととモノ」こと「剣と魔法と学園モノ。」シリーズの設定画集です。

resized-CIMG5926.jpg

プレイヤーキャラクターのビジュアルが主に収録されています。
職業や性別、種族によってプレイヤーキャラクターのビジュアルが変わるので、
この類の設定画集は中々ありがたいです。

resized-CIMG5929.jpg

プレイヤーキャラクターだけでなく、NPCの設定画も掲載。
下手なプレイヤーキャラクターより可愛かったりするので必見です。

resized-CIMG5930.jpg

また、ゲームのパッケージや店舗別購入特典のビジュアルも掲載。
店舗特典のビジュアルが狙っているかのようにエロいです。

収録されている内容は、
「剣と魔法と学園モノ。」(PSP)、「剣と魔法と学園モノ。2」(PSP)、
「剣と魔法と学園モノ。2G」(PS3)、「剣と魔法と学園モノ。3」(PSP&PS3)、
「剣と魔法と学園モノ。3DS」(Nintendo3DS)。

いずれにシリーズの「ととモノ」でもキャラクターには可愛いキャラクターが多いので、
キャラクターだけを見てゲームを買った俺のような人間には持ってこいの一冊です。

剣と魔法と学園モノ。設定画集剣と魔法と学園モノ。設定画集
(2011/07/12)
ポストメディア編集部

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
何の前触れもなくゲームの記事を書いてみたり。


PSP用ゲームソフト「ダンボール戦機」をクリアしました。
アニメのダンボール戦機が中々に面白かった上、
CMでゲーム版のいい所だけを選りすぐりで見せてくれましたので、
ついつい衝動買いしたものです。

ストーリークリア、クエストクリア、ランキングバトルバトルクリアと、
とりあえずやるべきことは全てクリアできたようなので、今回はただの感想です。
↓折り畳んでます↓

関連記事
07.14 (Thu) 20:29 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
2011年夏アニメの感想です。

春に見たアニメが「電波女と青春男」オンリーだったということもあり、
そろそろリハビリを初めていこうかなという魂胆です。

とりあえずは3本のアニメを視聴。


ロウきゅーぶ!
「アニメロサマーライブ2011」への出演も決定した声優ユニット「RO-KYU-BU!」の話題から始まり、
ただのロリコンホイホイアニメかと思ったら実はスポコンアニメだったという、
何かと話題が尽きない作品です。

1話、2話を視聴した感想としては、思いの外面白かったぞ、と。
見るからにロリコン御用達のアニメなのであっさり切るように思えたのですが、
なかなかどうして、キャラの個性や舞台背景などにもしっかり設定があり、
ただのロリコン御用達アニメではないように感じました。

一応はバスケットボールがメインテーマということで、
ライトノベルで再現するには限界のあるスポーツをアニメでどのように再現するのか、
というわりとどうでもいい点に注目しています。

声優ユニットはディスってますが、オープニングテーマはわりと好みです。


アイドルマスター
こちらもこちらで話題作、「アイドルマスター」です。

以前に「アイドルマスター XENOGLOSSIA」というアニメがあったそうですが、
どうやたこのアニメはわりと黒歴史に近いアニメのようですので、
敢えて詳しく調べないようにしています。
(参考記事:アイドルマスターのアニメ化が決定マニア研究所EX 様))

ゲームも未プレイですし、全くの予備知識はありません。
1話を見た限りでは今後の展開も掴めませんでした。
様子見も含めて、しばらくは視聴していきたいと思います。


まよチキ!
お腹が減りそうなタイトルのアニメですが、
どうやらブヒれるアニメだということで見始めることにしました。

「女性に触られるだけで鼻血が出る」という主人公の体質ですが、
ドMの自分としてはうらやましい限りで、
涼月奏のSっ気がたまりません。

・・・話が逸れましたが、元々ブヒるためのアニメとして見始めたので、
深く考えずに視聴を続けていきたいと思います。


以上の3本です。
自分にしては珍しく、声優さんでアニメを選んでいませんし、
予備知識もほとんどない状態で見始めています。
それぞれ1話を見た限りでは好感触だったので、
視聴が継続できるように飽き性の自分に喝を入れてがんばりたいと思います。

追記(2011/7/12)
1作品忘れていました。

ゆるゆり
自分が好き(であると自負している)な日常形アニメです。
主な登場キャラは4人ですが、1話でその個性をしっかり魅せることができていたと思います。
2話で登場した4人についてもまたしかり・・・

棒読みが多少は目立つ作品ですが、とある作品の影響で棒読みも慣れたので、
飽きない限りは見ていきたいとおもいます。
関連記事
※画像はクリックで拡大表示



今回簡易レビューを行うのは、
2011年のさっぽろ雪まつりで雪像になった雪ミクを記念して製作されたねんどろいど、
ねんどろいど 雪ミク たのしい雪遊び・エディション」です。

「WONDERFUL HOBBY LIFE YOU!! 13」で限定販売され、
「第62回 さっぽろ雪まつり」でも限定販売され、完全受注生産でWEB販売が行われました。
今回使用しているものは、WEB販売で購入したものです。

というわけで、
「ねんどろいど 雪ミク たのしい雪遊び・エディション」のフィギュア簡易レビューです。
↓折り畳んでます↓

関連記事
テレビアニメ「遊戯王5D's」の放送が(3ヶ月前に)最終回を迎えました。
2008年4月から放送が開始されたので、期間としては3年(全154話)になります。
前作「遊戯王デュエルモンスターズGX」の放送期間が3年半(全180話)、
前々作「遊戯王デュエルモンスターズ」の放送期間は4年半(全224話)ということで、
歴代の遊戯王の中では最も短いストーリーとなりました。
お察しの通り、東映版遊戯王は意図的に省いています。

長い遊戯王の歴史の一区切りということで、
今回は遊戯王5D'sについて振り返っていきたいと思います。

関連記事
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。