上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
resized-CIMG6179.jpg

「sphere ON LOVE, ON 日本武道館 LIVE BD」を購入しました。

昨年の11月23日に行われたスフィア初の武道館ライブが映像化され、
DVD(6,500円)とBlu-ray(8,800円)の2形態で発売されました。
せっかく家にはBlu-rayプレイヤーがあるので、迷わずBDを購入。

昨年行われたライブツアーを最終公演の様子を収録した前作
「~Sphere's rings live tour 2010~ FINAL LIVE DVD/BD」は
それはもう酷い酷い内容で唖然としましたが、
今回の作品ではどれほど改善されているのでしょうか。
前作と比較しながら見ていきたいと思います。

↓折り畳んでます↓

関連記事
スポンサーサイト
※画像はクリックで拡大表示



今回フィギュアレビューを行うのは、
Imageepochから発売されたPSP専用ゲーム
「BLACK ROCKSHOOTER THE GAME(ブラックロックシューター ザ・ゲーム)」より、
主人公のBRSの前に現れる謎の女性「WRS」のfigmaです。

↓折り畳んでます↓

関連記事
先日行われた「コミックマーケット80」。
俺が所属している「愛媛大学萌学研究会」もここにサークル参加し、
部誌「愛-HiME」を販売しました。

この愛-HiMEの最新号に、ヴァンガードに関するとある論文を載せました。
販売がコミケでしか行えず、このままお蔵入りする可能性もあるので、
いっそのことpdf化して掲載してやろうという発想に至りました。

コミックマーケット79で最新号として販売した「愛-HiME C79」にもレポートを寄稿し、
ホームページ(現在は更新停止中)に色々と手を加えて掲載しました。
東京遠征レポート ~内藤、首都へ行く~

今回pdf形式にしたのは、html形式で編集するのがめんどくさかったからです。
太字での強調や改行の調整なんてやってられません。


今回の論文の題名は「ヴァンガードから見るカードゲーム販売戦略論」です。
ヴァンガードのメディア展開や売り方から、
カードゲームの販売戦略を考察していこうというものです。

本来ならば、カードゲームの内容についての文章も書いてみたいところですが、
掲載誌がサークルの部誌ということもあり、
ヴァンガードユーザーの手に渡る可能性も低いことから、
今回は無難に販売戦略程度に抑えることになりました。

とは言え、わりとガチで書いた文章でもありますので、
ぜひぜひ多くの人に見ていただきたいと思い、掲載することにしました。

興味のある方はぜひご覧ください。

論文「ヴァンガードから見るカードゲーム販売戦略論」(pdf形式)
おまけ「筆者のヴァンガード関連出費額(2011/7現在)」(pdf形式)
関連記事
Twitter炎上やキス写真流失など様々話題を提供してくださった平野綾さんですが、
ついに所属事務所を退社することになったそうです。

人気声優・平野綾、所属事務所を突然の退社!所属事務所は「特にコメントなどはありません」
シネマトゥデイ

記事によれば、平野綾さんのファンクラブ「平野塾」の会員宛てに、
「8月20日付けで平野綾さんが所属事務所を退社する」旨が伝えられたそうです。

所属事務所のスペースクラフトもこれを認めており、
「事実ですが、特にコメントなどはありません」と答えているとのこと。


キス写真流出以降、動きを止めていた平野綾さん界隈の事象ですが、
ここに来て大きな動きを見せたことになります。

元々はメディアの露出から始まった平野綾さんの一件でしたが。
結局事務所は何がしたかったのでしょうか。

テレビへの露出を増やし、レコード会社との契約も打ち切り、どんどん平野綾さんの退路を断ち切り、
スキャンダルが発覚すれば即首切りをすればいいのですから、事務所も大変ですね。

元々キス写真も近しい関係者から流失したとの噂もあり、
急激な活動の方向転換もあり、所属事務所との不仲も囁かれていました。

事務所が無理にメディアへの露出を増やしたとなると、
最初から最後まで平野綾さんは事務所に振り回されたことになります。
一番の被害者は平野綾さん本人であり、平野綾さんを支え続けたライフライナーである
と俺は思っていますが、一般的な認識はどんなところなのでしょう。

とは言え、事務所ホームページ、平野綾さんのブログやTwitterでも公式の発表はまだありません。
このまま引退してしまうのか、はたまた他の事務所に所属して活動を続けるか、
さらに落ちてしまうかどうかはわかりませんが、
今後の動向にも要注目です。

追記:8/12 20:15
平野綾さん本人のブログに本人からのコメントが投稿されました。
お知らせ平野綾オフィシャルブログ「AYADAMA」


俺がオタクになった原因は「涼宮ハルヒの憂鬱」という作品であり、
ヒロインである「涼宮ハルヒ」を演じたのが平野綾さんでした。

初めて強く「声優」というのを意識したのも平野綾さんが初めてであり、
「アイドル声優」というカテゴリで初めて興味を持ったのも平野綾さんだったかもしれません。

つまり俺が声オタ(と言ってもにわかですけど)になる第一歩がこの人だったわけで、
ライフライナーを嘲笑いながらも、平野綾さん自体は地味に応援していたわけです。

そこに今回の騒動です。
メディア露出を始めたころには興味はスフィアに移っていたので、
メディア露出が増えたぐらいではそこまで驚きもしませんでしたが、
どんどん転落していく様子を見るのは中々に心苦しいものでありました。

今回の事務所退社が平野綾さんの今後の活躍に繋がるといいんじゃないでしょうか。

あれ?
もしかして俺ってライフライナーじゃね?
関連記事
resized-CIMG6012.jpg
2011徳島阿波おどりポスター」が届きました。

阿波おどりポスターと言えば、昨年は数量限定で無料配布され、
禁止されていた徹夜組が大勝利するという残念な結果に終わりました。
参考:徳島県阿波踊りポスター無料配布まとめマニア研究所EX

今年は昨年の教訓を活かしてか昨年と同じ制度は採用せず、
全国のアニメイトやその他の店舗で購入ができます。

今回俺が購入に利用したのは、「販売員」という制度。
会社や部活、お店などでまとめて購入し、それぞれの場所でポスターを販売するというものです。
せっかくの機会なので俺もそれを利用し、サークルでまとめて10枚を購入しました。


resized-CIMG6005.jpg

10枚まとめて、細長いダンボールに詰めて送られてきました。


resized-CIMG6008.jpg

ポスターらしい包装です。


resized-CIMG6010.jpg

右側にサイズ比較用のカードを置いてみました。
ポスターサイズがB1ということで、最大クラスのサイズです。
縦幅がベットの横幅以上にあったので驚きでした。


販売自体は8/15(月)まで行われているそうです。(販売員の申請も8/15まで)
詳しくは徳島阿波おどりポスターの特設ページをご覧ください。
関連記事
※画像はクリックで拡大表示



今回フィギュアレビューを行うのは、
「仮面ライダーオーズ」より、鳥系メダル3種のコンボであるタジャドルコンボ。
メタリックレッドの塗装が映えます。

↓折り畳んでます↓

関連記事
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。